BloggerJIN's Blog

家族を持つサラリーマンが仕事、家事で忙しく、自分の可能性を考えなくなり、自分の成長を見失っていましたが、子どもたちの成長を間近で見て、自分も負けられないと思って、家族の生活があるので、独学で国家資格取得に挑戦し始めて勉強することで、直面する自分の経験を同じ勉強をしている学生、社会人、パパママ、フリーター、人生で何かを探している人、定年退職した人など、老若男女全ての皆様に、有益な情報を提供ができたら何か役に立てるのではないかと思い、書き始めたBlogです。

【水素セラピスト】ヘルスケア編Part.10〜免疫細胞の働き 侵入を防ぐ粘膜免疫〜

どーもー、BloggerJINです!

 

本日2022年11月21日から皆様に水素セラピストになっていただけるレベルの情報発信をさせていただきます。

そして、習得した知識を生かして「水素セラピスト」として一緒に水素の一般利用の普及活動をしていただければ本当に助かります。

水素セラピストを取得して活動されている方には生計を立てている方もいらっしゃいますので、最初は副業・兼業やお小遣い稼ぎ、波に乗れば主業にすることも可能なので、まだ普及していない今が、あなたのチャンスと言えます。

水素セラピストの応募は下のリンクをクリックしていただければできます。

 

カリキュラムのご案内 | 一般社団法人健康美増進協会

 

お申し込みいただきましたら私、BloggerJINまでご連絡くださいね!!

水素セラピストの中でもマスターセラピストを取得した少しの力であなたのご支援はさせていただきます 笑

 

では本日のテーマですが「免疫細胞の働き 侵入を防ぐ粘膜免疫」です。

 

 

Ⅱ.免疫細胞の働き 侵入を防ぐ粘膜免疫

体内に異物を侵入させないために、私たちの目、鼻、口、気道、消化管、尿路、生殖器の内側を覆う粘膜が、外敵の侵入から守る防御システムを担っています。これが、侵入から守る「防御」段階ということがいえます。

中でもは最も重要な防御免疫器官です。口や胃からはじまる小腸や大腸は、皮膚と同じように、常に上記のような外界の敵(抗原)にさらされています。

そのため多くの免疫細胞が腸内の内表面の粘膜に存在し、二重三重の防御システムを張り巡らせて外敵の侵入を防いでいます。また、消化液などの分泌物には細菌を破壊する酵素が含まれ、私たちの身体を保護しています。

 

今回のテーマで考えること

外部からの侵入者や異物から体を守るために二重三重の防御システムが人間の身体には備わっている。

 

皮膚や口や胃から始まる腸、小腸や大腸も外界の敵の抗原にさらされている

身体の内部に入り込んだ外界の敵の抗原から身を守るため粘膜に免疫細胞が存在

外界の敵の抗原から身を守るために消化液や細菌を破壊する酵素で人間は身体を守っている

 

次回のテーマ

 

 

次回のテーマは「免疫細胞の働き 免疫とリンパ系の働き」です。

 

あなたも一般社団法人健康美増進協会が認定する水素セラピストになって一般利用の水素普及をしていきませんか?

水素セラピストに必要な知識を習得していくときに水素に興味を持たれる方は非常に多いです。

そうすると無害とか無味・無臭・無色・無害な気体なので、自分も試したいという衝動が出てきますので下のリンクからご利用のお申し込みをしていただきたいです。

 

Asset Makingが取り扱っている商品

ぜひ下のリンクをクリックまたはタップしてご利用ください。

 

●水素関連商品

bloggerjin.hatenablog.com

 

bloggerjin.hatenablog.com

 

アーユルヴェーダ製品

bloggerjin.hatenablog.com

 

ではまた次回別のテーマでお会いしましょう。

Goodby